電話代行サービス対応【TELサービスで業務のスピードアップ】

調査を行なう

顧客が相手に求めるもの

CS調査とは企業や店舗において、それを利用する顧客の満足度を図ることを言います。現代人がサービスを利用するときに相手に求めるものは、購入した商品の質や値段等、目に見えて明らかなものだけではありません。その店の雰囲気や店員や担当者の態度、言葉遣い、気遣い等、あらゆる要素を含めて求め、評価に繋げているのです。それほど、顧客の目が肥えた、満足するラインが上がったことの現れだと言えるうえに、サービスの提供側も質を上げてきているのです。 そして、このCS調査が行われることで、よりレベルの高いサービスができるように結果を反映させることができるのです。このCS調査を外部に委託するとそれなりの費用がかかります。対象者数も少なくては意味がないので最低でも100人以上となると、10万円以上はかかるようになります。

正確性が何よりも大事

一昔前までは、このような顧客の生の声を集めるには、店舗や企業独自のアンケートが利用されることが一般的でした。しかし、対象者が増えれば増えるほど、その集計は簡単なものではなくなるうえに、その結果を分析して今後に生かす以前にごちゃごちゃになってしまうケースも多々ありました。 効率のよい集計と分析、また何よりも正確性を保つためには、多少費用がかかっても外部のCS調査に委託することがお薦めです。このようなCS調査の結果は、今後の店作りに役立てられるだけでなく、そこを評価する大元の企業があれば、給料やインセンティブの金額に反映させることもできます。そういった意味で正確性が重要なのです。CS調査の内容は今後も複雑化していくことが予想されます。