電話代行サービス対応【TELサービスで業務のスピードアップ】

電話の業務

テレアポって厳しい・・・・

新規顧客獲得のために、電話を使ってアポイントを取り続ける通称「テレアポ」。 パソコンと、電話に向かって一日中電話をかけ続けるという業務は、人によって向き不向きのある仕事の代表とも言えます。その理由は、電話先でぞんざいに扱われたり、全く件数を稼ぐことができないということです。 テレアポのノルマは大概が厳しく設定されており、その目標を聴いただけでも心がくじける人が何人もいます。「今は要らない」というような断りは日常茶飯事で、ときには「こんなことをして意味があるのか」というように、怒りだすような年配の男性もいます。明るい声で電話を切った後に、辛い顔をしている女性がいたら、テレアポをしている人かもしれません。

警戒心を持たれないために

そこで、警戒心を持たれないためのチェックポイント。 相手が見えないテレアポだからこそ、厳しい態度を取ってくる人も大勢います。「営業」を押し売りするのではなく、相手先にとって有利な情報を持っていることを伝えるのです。 「今すぐに検討いただく必要はございません」「いくつかプランを比較したうえで決定してくださって結構です」という言葉を使って、警戒心をほどいてあげると、話を聞いていただける可能性が増えます。 もちろん、相手の忙しい時間を使って電話をしているので時間を頂いたことに対する感謝の気持ちも忘れず、少しでも後味よくできるように心がけましょう。 簡単ではない仕事だからこそ、達成したときの爽快感は何物にも代えることができません。 最終的に必要なのは「折れない心」そして「数をこなすこと」。 誰もが嫌だと思うテレアポだからこそ、技をマスターしてしまえばどの職場にいっても重宝されるかもしれません。